企業理念とJALフィロソフィ JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、一、お客さまに最高のサービスを提供します。一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

新生JALとして掲げた企業理念の冒頭に「全社員の物心両面の幸福を追求する」とあります。これは「お客さまに最高のサービスを提供」するのも、「企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献」するのも、全てはJALグループに集う社員一人ひとりの懸命な努力の結集があればこそ実現できることであり、社員が一生懸命努力するためには、心の底から「JALで働いていて良かった」・「JALの一員として頑張ろう」と思うことが大切であるという考えがあるからです。
また、物心両面の幸福とは、経済的な安定や豊かさに加えて、仕事に対する誇り、働きがい、生きがいといった人間の心の豊かさを求めていくことで、素晴らしい人生を送るとともに、心をひとつにして一致団結し、お客さまに最高のサービスを提供できるよう、必死の努力をしていかなければならないという、思いを込めております。

JALフィロソフィ

企業理念の実現を目指す上で、私たちが日々の業務において、常に意識し、その実践に努めている大切な考え方、それが「JALフィロソフィ」です。
私たちは経営破たんによって多くの方々に多大なるご迷惑をおかけしたことに対する深い「お詫び」の気持ちと、再生へのチャンスを与えていただいたことへの「感謝」の気持ちを決して忘れてはならないと考えています。そして、新生JALを創りあげていくことこそが、多くの皆さまからいただいたご支援にお応えすることになると強く想っています。
過去の自分達の仕事に対する考え方・向き合う姿勢などを真摯に反省し、一人ひとりの意識を変えていくために、2011年1月より「JALフィロソフィ」を制定し、今まさに全社員で体得・体現しようと日々努めています。
具体的には、「正しい考え方をもつ」・「熱意をもって地味な努力を続ける」・「一人ひとりがJAL」・「採算意識を高める」・「心をひとつにする」といった、意識・価値感・考え方であり、いわば日々の行動指針でもあります。
一見、当たり前のことを述べていると思われるかもしれませんが、これを常に実践する事の難しさと同時に、この考え方の大切さを、私たちは感じています。全社員でこの「JALフィロソフィ」を学び、ベクトルを合わせることで、新生JALとして羽ばたくことを目指すと共に、JALフィロソフィの実践を通じて素晴らしい人生を送ることを、社員一人ひとりが目指しています。


第1部:すばらしい人生を送るために

第1章  成功方程式(人生・仕事の方程式)
人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
第2章  正しい考え方をもつ
人間として何が正しいかで判断する
美しい心をもつ
常に謙虚に素直な心で
常に明るく前向きに
小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり
土俵の真ん中で相撲をとる
ものごとをシンプルにとらえる
対極をあわせもつ
第3章  熱意をもって地味な努力を続ける
真面目に一生懸命仕事に打ち込む
地味な努力を積み重ねる
有意注意で仕事にあたる
自ら燃える
パーフェクトを目指す
第4章  能力は必ず進歩する
能力は必ず進歩する

第2部:すばらしいJALとなるために

第1章  一人ひとりがJAL
一人ひとりがJAL
本音でぶつかれ
率先垂範する
渦の中心になれ
尊い命をお預かりする仕事
感謝の気持ちをもつ
お客さま視点を貫く
第2章  採算意識を高める
売上を最大に、経費を最小に
採算意識を高める
公明正大に利益を追求する
正しい数字をもとに経営を行う
第3章  心をひとつにする
最高のバトンタッチ
ベクトルを合わせる
現場主義に徹する
実力主義に徹する
第4章  燃える集団になる
強い持続した願望をもつ
成功するまであきらめない
有言実行でことにあたる
真の勇気をもつ
第5章  常に創造する
昨日よりは今日、今日よりは明日
楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
見えてくるまで考え抜く
スピード感をもって決断し行動する
果敢に挑戦する
高い目標をもつ

PAGE TOP