業務企画職 [地上職 技術系] 業務企画職(地上職 技術系)は、JALグループが世界に誇る「安心・定時・快適」なフライトを高いレベルで実現するために、整備の司令塔として圧倒的な機材品質を創りこむことを使命とする。また、エンジニアとして1日1,000便の運航を通じて得られた知見を、国内外の航空機・部品メーカーにフィードバックすることで、航空機の信頼性向上や次世代航空機の開発にも寄与していく。
技術領域においてエンジニアとして培った経験を生かして、将来的には整備や運航部門の枠を超えて、JALグループ全体の成長を牽引する役割を担う。

  • 募集要項を見る
  • 求める人財像を見る

業務企画職キャリアパス

整備技術

フライトで発生したイレギュラーに対して、航空機メーカーや部品メーカーと、時には他の航空会社の技術者と協力しながら再発防止策を検討します。また、不具合を発生させないような事前改修、および最新の快適な客室を導入する改修等の指示・管理を行い、JALの飛行機を世界最高の機材品質に保ち続ける技術集団です。

この仕事に関わる先輩社員

整備現業

所謂、整備士としての仕事です。JALの整備現業は、空港や格納庫で航空機の整備を行うShip部門と、専用の工場でエンジンや装備品の整備を行うShop部門の2つに大きく分かれています。整備士は日々進化する航空機の知識や技術を常に学び続けて、安全運航を最前線で支える責任のある仕事です。

品質保証

JALの航空機の品質を常にモニターして品質向上施策に取り組む「品質管理」と、整備を行う上で必要な法的手続きや、整備士の養成体系の立案、整備体制の見直し等の「企画」を行い、JALの高い機材品質を支えています。世界のエアラインからも高く評価されているJALの機材品質を更に高めて、世界の航空技術の品質を牽引する使命のある仕事です。

この仕事に関わる先輩社員

生産管理

JALが保有する航空機を最大限に効率的に使用するという前提のもとに、天候不順やイレギュラー等で日々刻々と変化する航空機の運航状況を常に把握しながら、整備計画を立案・管理する業務です。また、客室改修等の作業計画を、他本部と調整しながら、改修計画を立案・管理する業務もあります。

この仕事に関わる先輩社員

整備企画

整備本部全域に渡る中期・長期的な施策を計画・実施する部署です。組織や人員計画(改編・異動・採用)、人財育成、財務管理等、会社運営の中枢的な業務を行っています。例えば将来のJAL整備の在り方の立案、新機材の導入および機材売却の総括JALグループ関連航空会社整備部門の総括等、JAL整備本部の将来を担う責務があります。

この仕事に関わる先輩社員

部品管理

Jエンジンから機体のリベットに至るまで、何百万個ともいわれる航空機の構成部品について、航空機の運航に支障をきたさないように、品質の高い部品を、速く、最小限のコストで購入・管理する業務で、世界中のエアラインや部品会社が業務パートナーとなります。部品がなければ飛行機は飛ばせないと言われるように、整備部門の血液のような役目をしています。

この仕事に関わる先輩社員

整備受委託

JALの高い整備力・高い機材品質の維持力を生かして、また保有する人財リソースと設備を十分に活用しながら、国内の各空港における他エアラインの運航整備や、他エアラインの航空機部品整備の受託を行っています。また、費用対効果を見ながら一部の整備を委託する業務をおこなう等、経営の視点を持ったバランスのよい業務が求められます。

運航技術

パイロットが使用する操縦マニュアルの作成、飛行状況の解析、フライト計画を作成する上で必要な航空機の性能検証、新造機の飛行試験など、運航を支える技術業務を行っています。飛行効率、燃費効率、運航コスト等を常に意識しながら、JALとして最も安全で最適なフライト計画を組み立てる為の基礎となる業務です。

この仕事に関わる先輩社員

海外駐在・関連航空出向

海外にある航空機製造メーカーや、エンジンメーカーに駐在して、JAL航空機の機材品質を製造時から管理するとともに、普段の運航で発生した不具合に対して、メーカーとの技術的な橋渡し等を行っています。JALグループ関連航空会社の出向では、機材品質の向上や新機材選定のプロジェクト等、整備部門の根幹を担う幅の広い業務を行います。

この仕事に関わる先輩社員

  • PREV
  • NEXT

PAGE TOP