業務企画職 [地上職 事務系] 業務企画職(地上職 事務系)が担う業務は多岐にわたるが、どの部門においても課せられている使命はただ一つ。グローバルかつダイナミックなエアラインビジネスにおいて、JALグループのポテンシャルを最大限に引き出す施策を考え、実行し、つねに「世界一」を目指し挑戦し続けること。キャリア形成においては、コーポレート部門を中心に複数の職場で経験を積みながら、自らの専門性を高めていくことが求められる。将来的には、ゼネラリストの視点を持ちながら、自身の強みを生かした専門分野を確立し、事務系領域の枠を超えてJALグループの成長を牽引する。

  • 募集要項を見る
  • 求める人財像を見る

業務企画職キャリアパス

売上の最大化を目指す。

路線便数計画

路線ネットワークやダイヤは航空会社における重要な商品のひとつです。安心、安全のフライトのために安定した路線便数や、お客さまの利便性を最大限高められる路線便数を計画することは、航空会社のサービスの土台となります。今後の路線ネットワークの展開や、機材の投入計画、お客さまの需要動向を常に考慮し、日本航空の収益最大化につながる路線便数計画を作成します。

国際提携

複数の航空会社が、同一の便を各々の便名で販売するコードシェアは、航空会社一社だけではカバーできない地域・路線を網羅するための手段です。海外の航空会社とコードシェアや共同事業等の業務提携を結ぶことは、各国の航空権益などの規制により運航できない部分を補完することでお客様の利便性を向上させることはもちろん、グローバルな視点にて高品質なサービスの提供や、採算性の向上も実現させます。

この仕事に関わる先輩社員

旅客販売(営業)

航空会社における販売業務では、その取引先としていろいろなお客さまが存在します。企業に対する出張用航空券の販売、旅行会社に対する団体やパッケージツアー用航空券の販売、また個人のお客さまに対してインターネットを通じ航空券を販売いたします。座席という商品を扱う航空会社は、在庫を持つことができないため、1席でも多くの座席を販売することが求められます。そのためにも、企業や自治体とのコラボレーションなどの販売企画や旅客販売戦略の立案を通じ、収入の最大化を実現します。


貨物販売(営業)

航空会社はお客さまと同時に、貨物もお運びします。お運びする貨物は多種多様で、中には貴重な美術品や医療機器など、スピードだけでなくそれぞれの貨物特性に応じた輸送や温度管理といった特別な取り扱いが求められるものもあります。それらの取り扱いに長けていることは、日本航空の貨物事業の強みの1つです。多彩な商品・きめ細やかなサービスを提供することで、お客さまのあらゆるご要望にお応えし、航空機の貨物スペースを最大限に活用し販売いたします。

この仕事に関わる先輩社員

新規事業戦略

競争に勝ち抜き、持続的成長を実現するために、JALグループの長期成長戦略を立案、実行していきます。JALグループが持っているアセット(資産)、たとえば運航部門や整備部門が蓄積してきたノウハウ、客室部門が磨き上げてきたホスピタリティなどを活用することで、事業領域を拡げ、新たな収益源を創造・育成していきます。また、最先端テクノロジーを積極的に取り入れながら、新規事業の創出を目指すと同時に、高品質とコスト競争力の両立を図り、新たなマーケットを開拓していきます。

この仕事に関わる先輩社員

品質の強化を実現する。

商品企画・サービス企画

お客さまの快適なフライトの実現のために、機内食や座席の開発、便利な搭乗システムなどの商品企画や、ヒューマンサービスの強化に取り組んでいます。航空機をご利用になる目的はさまざまのため、お客さまの想いやニーズも千差万別です。そのため、お客さまのご要望をいち早くキャッチし、どうすればお客さまに新鮮な感動を提供できるのかを考えることが必要です。日本の航空会社らしい「伝統」「革新」「日本のこころ」を感じていただけるような、日本航空ならではの商品、サービスの実現を目指します。

この仕事に関わる先輩社員

現業サポート・マネジメント

パイロット、客室乗務員、空港旅客スタッフなど、運航やお客さまと接する最前線を現業部門と言います。これらの現業部門で働く仲間が毎日の仕事にやりがいを感じ心から楽しみながら、そして、健康状態よく、最高のパフォーマンスを発揮できて初めて、日本航空は快適な空の旅をつくりあげることができます。そのために、乗務員のスケジュール作成などのサポート業務や、部門毎の目標設定・管理などのマネジメント業務など、現業部門の仲間を支える仕事が多岐にわたって存在しています。

この仕事に関わる先輩社員
この仕事に関わる先輩社員

運航管理

運航管理者(ディスパッチャー)は地上から日本航空の運航を支える一員として、安全で快適なフライトを支援します。運航管理者になるには国家資格にあわせて社内審査に合格することが必要です。その仕事は多岐にわたり、発着空港や航空路の気象情報、飛行機の状態、乗客や搭載貨物の重量など飛行機の運航に必要な情報を収集し、それらを分析したうえで、目的地までの飛行計画を作成します。国内外の全便の運航を24時間365日リアルタイムで監視し、安全かつ快適な運航を支援します。

この仕事に関わる先輩社員

安全管理

安全運航はJALグループの存立基盤です。安全管理規定に基づきリスクマネジメント体制を構築し、JALグループ全体での安全文化の醸成、情報の共有、安全レベルの最適化を推進します。また運航に直接関わる運航・整備・客室・空港・貨物郵便といった各生産本部の安全管理部門とともに各本部における安全方針・施策の策定、人財育成を図り、JALグループとしての安全運航を堅持するための連携を図ります。


確実な事業運営を行う。

経営管理

新生JALを支える部門別採算制度。その部門別採算制度における、経営プロセスのルールを策定し、管理する。また、部門別採算制度を通じ、JALグループにおける年次収支計画を取りまとめ、中期経営計画をフォローアップし、JALグループの経営を支えます。部門別採算制度を推進にあたっては、その内容を社内のイントラネットで情報発信することなどで、社員一人ひとりの経営意識と採算意識の向上を図ります。

財務・経理

JALにも勿論、財務や経理という仕事があります。財務はJALグループの資金調達、資金運用・管理業務を行い、経理はJALグループの会計・決算・税務業務を行います。経理の管理会計においては、「いかに早く、いかに正確な数字を経営に届けるか」が大切です。路線別収支を日次で確認できるようにし、連結事業収支が月次で確認できるようにする。経営に必要な情報をタイムリーに提供することで、正しい経営判断が可能になります。

人事・人財育成

私たちは、全社員が「JALで働いていてよかった」と思えるような会社を目指しています。そのような会社でなければ、お客さまに最高のサービスを提供することも、企業価値を高めて社会に貢献することもできません。私たちは、経済的な安定や豊かさに加えて、仕事に対する誇り、働きがいといった心の豊かさも求めています。そのためには、人事制度の整備や人財育成が大切です。世界で一番お客さまに選ばれ、愛される会社になるために、原点であるJALフィロソフィ教育をはじめ、人財の育成に全力を注ぎます。

調達

航空機や燃油から文房具まで、JALで使うほぼすべての物を調達するのが調達部の役割であり、経費の最小化を実現させるのがミッションです。ただ単純に経費を最少化するだけではなく、価格と品質とを両立することや、日々の運航を維持するための物品・役務の安定供給を確保することが重要です。また、単に物を調達するだけではなく、JAL全体の経費を最少化させるために、各部門における調達プロセスの見直しも進めます。

この仕事に関わる先輩社員

ブランド

日頃から航空機をご利用されるお客さまはもちろんのこと、航空機をご利用されないお客さまも対象に、JALに興味を持っていただき、JALを好きになっていただけるよう、さまざまな戦略を立案します。そして自らが広告塔となって、その戦略を実行へと移していきます。マスメディアを通じてJALの価値を伝えていくだけでなく、SNSを通じた双方向のコミュニケーションや、グローバルなCSR活動、地道な社会貢献活動を通じて、お客さまとの深い信頼関係を自らの手で構築していきます。

この仕事に関わる先輩社員

  • NEXT

PAGE TOP