JAL | JAPAN AIRLINES新卒/既卒採用情報

LEARN ABOUT JAL

世界の空をつなぐ、ということ。

グループ乗り入れ国/地域

0ヶ国/地域 コードシェア含む
0空港 コードシェア、日本国内含む
  • アメリカ
    カナダ
    8
  • ヨーロッパ
    中近東
    5
  • 東アジア12
  • 東南アジア
    インド
    8
  • オーストラリア
    グアム・タヒチ
    3
  • ハワイ2

※2018年3月31日現在
※地図上はJALグループ直行便のみ記載

輸送実績

国内線旅客 0
国際線旅客 0

※2018年3月31日現在

営業収益

2016年度0億円
2017年度0億円

グループがつなぐ信頼が、評価へ。

0
0

※2018年3月31日現在

0
0

※2019年1月現在

常に、初の試みを。

1954
1960
1965
1967
1970
1983
1993
2007
2017

そして、次のステージ。世界のJALへ。

中期経営計画の売上・利益目標

2016年度実績
2020年度目標
売上高
0億円
0億円
営業利益
0億円
0億円

その実現のために

JAL Vision

01
×
02
03

SERVICE

ネットワーク

世界主要都市

500

国際線旅客
海外販売額比率

50%
(2016年度は30%強)

共同事業パートナー等との
グローバルネットワークの拡充

商品・サービス

先進的な機内設備を備えたエアバス社A350型機を2019年度から国内線に導入

IoTや生体認証技術、高精度な位置情報の活用により、空港等にてストレスフリーなサービスを提供

BUSINESS FIELD

訪日需要喚起・地域活性化、
成長する観光産業へ参画

「農業&漁業×航空」の連携による日本の良質な産品の海外発信や、ファンド等への出資・協業による地域交流人口拡大への貢献。

LCC Partner戦略

海外需要獲得に強い、外資系本邦LCCとのパートナー関係を深め、低価格を武器に訪日と地方送客に貢献。

フィンテック会社設立

共同事業会社による国際ブランド・プリペイドカード事業への参入/ネオバンクとして新たな金融商品・サービスの提供。

HUMAN / TECHNOLOGY

100社を超えるパートナーとの連携

100社を超えるパートナーとの連携により、先進テクノロジーでアイデアを形に。また、データの価値を生かし、ビジネスの変革に取り組む。

オープンイノベーションの推進

JAL Innovation Labを立ち上げ、オープンイノベーションを推進。アイデアをすばやく形にし、未知の領域をビジネスチャンスに転換する。

この挑戦を通して目指すもの

JALグループ企業理念の実現

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。