JAL | JAPAN AIRLINES新卒/既卒採用情報

WORK FIELD

業務企画職(地上職 技術系)

JALの技術系の仕事は多岐にわたる。
そして、それぞれ卓越した
専門性が求められる。

お客さまに安心・満足いただける高品質な航空機を常に採算性を意識しながら提供し続けることが、業務企画職(地上職 技術系)の最大の使命。尊い命をお預かりする仕事という点において、JALの技術系社員に課せられた責務は重大であり、一人一人に覚悟が求められている。

MISSION

MISSION 1

圧倒的な機材品質をつくる

日々の安全運航を支えながら、「不具合が発生してから対応する」のではなく、
「不具合が発生する前に対応する」予防整備の領域にまで踏み込んで、
圧倒的な機材品質を創りあげ、お客さまに安全性や定時性を提供しています。

MISSION 2

さらに優れた快適性をつくる

お客さまの快適性に直結するシートやシートピッチをはじめ、
トイレやギャレー、照明といった内装の企画、選定はもちろんのこと、
騒音や振動、機内の温度や湿度に影響を与える機体の構造、設計にも深く関わっていきます。

MISSION 3

これまでに無い企業価値をつくる

世界トップクラスのJALの整備品質は、新しいビジネスチャンスを切り拓いています。
一例を挙げると、日本に就航している、あるいは就航を希望する航空会社に向けて、
運航整備・機体整備・部品整備の高い技術力で受託機会をつくり、
日本の航空産業の発展に寄与しています。

01整備現業

JALに入社したエンジニアは最初の数年間を航空整備の最前線である整備現業部門で過ごし、運航整備、重整備、エンジン整備、装備品整備等の整備現業経験を通して知識や技術の習得に努めるとともに技術者として航空の安全を守り抜く覚悟やその精神を養っていきます。

02整備技術

航空機・部品メーカーとともにPDCAを回しながら、JALの圧倒的な機材品質を実現させています。また新たな取り組みとして飛行データ、整備データなどを収集したビッグデータを分析し不具合の前兆を捉え、予防整備へつなげることで安全性、定時性を高めることに取り組んでいます。

03品質保証

航空機整備を行ううえで必要な法的手続きや、整備士の養成体系の立案等の企画を行います。他の航空会社から整備業務を受託するケースも増えており、そのために必要な品質業務マニュアルの作成など品質保証体制の構築も行っています。

04生産管理

整備の生産性をより高めるための企画立案・運営業務を行います。品質とコストの適切なバランスを考慮しながら、重整備や運航整備の計画・調整・実施を行うとともに、中長期的な視点にたち、ITツールの導入など整備の生産性をより高めるための企画立案を行っています。

05整備企画

JALの整備の未来を見つめる視点で事業環境や外部環境の変化をふまえ、中長期の整備体制の施策を計画・実施します。JALが目指すべき方向性を示し、組織や人員計画、人財育成、財務管理等、整備部門運営の中枢的な業務を行っています。

06部品管理

大小300万点におよぶ航空機部品の購入・整備・業務委託などの契約締結補助業務やワランティ(補償)に関する請求管理業務を行っています。特殊で高価な航空機部品を、迅速に、適切なコストで購入・管理し、高い品質維持に貢献します。

07整備受委託

全世界のエアラインをお客さまとして、各種整備業務の受注を行っています。日本への就航ニーズが高まるなか、国内に整備施設をもたないエアラインから整備を受注し、各国の法律やルールに合った整備体制をJALの技術力で提供しています。

08運航技術

JALのノウハウを盛り込んだ自社独自の操縦マニュアル作成や飛行中・帰着後の問い合わせ対応など、運航乗務員に対する技術支援を行います。飛行効率、燃費効率、運航コスト面等、最も安全で最適なフライト計画を組み立てるための基礎となる仕事です。

09海外駐在

ボーイング社やエアバス社など、海外にある航空機メーカーや、エンジンメーカーに駐在し、JALの機材品質を製造時から管理しています。また、普段の運航で発生した不具合に対して、メーカーとJALの技術的な橋渡し役等も担っています。