JAL | JAPAN AIRLINES新卒/既卒採用情報

INTERVIEW

業務企画職(地上職 数理・IT系)
山崎 喬
Takashi Yamazaki
IT運営企画部 技術戦略グループ
2014年入社
法学部 法律学科卒

ビジネス価値創造のために、
次世代のIT基盤の未来を描く。

PROFILE

入社以来、業務システムやIT基盤の企画・開発など、一貫してIT部門での業務に従事。そのほか、社内各部署の社員で構成されたクロスファンクショナルチームのメンバーも兼任。テクノロジーを使って新しい価値を生み出す試みを実践。

所属されている部門について
お聞かせください。

社会においてIT技術の活用が進んでいますが、JALでもさまざまなIT技術により開発されたシステムを活用し、業務が行われています。IT企画本部は、それら社内のIT関連業務を統括し、変化の激しいビジネスを支えるべく、より快適で強固なIT環境を構築し運用することをミッションとしています。私の所属するIT運営企画部では、各部門で使われている業務システムを支えるサーバーやネットワークといった社内IT基盤の企画・開発や社員が働きやすい環境を実現するデバイスやソフトウェアの導入、AIやIoTなど先進的な技術の活用など、さまざまなプロジェクトを進めています。

ご自身が担当されている仕事について
教えてください。

私の所属しているグループでは、現在のIT基盤を保守・運用するのではなく、将来を見据えて、技術的な戦略を描き、その実現に向けて推進・実行していくことを目的にしています。近年はデータの活用がビジネスの成否を握るという考え方が広がり、社内でもそのためのIT環境整備が求められています。お客さまの予約行動や搭乗記録、運航実績など、日々、当社の事業活動のなかでさまざまなデータが生み出されています。これらを分析し、業務改善やお客さまサービス向上につなげるためには、膨大なデータを高速に処理できる環境が必須となり、その企画・開発が私の主な仕事です。そのほかには、先端技術の情報収集や実証実験なども担当しており、シリコンバレーに行くこともあります。

ITインフラを企画し導入する
業務のやりがいは何ですか。

私たちは、JALのサービスをご利用いただいているお客さまと直接関わるわけではないため、「縁の下の力持ち」という側面が大きいかもしれません。しかし、会社全体の業務を下支えするというポジションでもあるため、組織の全体像が見えるという面白さがあります。それぞれの部門から数多くあがってくる要望には、IT技術によって実現できることも多く、その専門部隊として、そうした要望に応え、ビジネスへの貢献が実感できた時はやりがいを感じます。

文系出身でITに携わることに
難しさを感じることはありませんか。

新人の頃は耳慣れない単語が飛び交っていることに戸惑いもありましたが、必要なのは「ビジネスにおける課題の発見」や「課題解決策の立案」だと考えているので、ビジネスパーソンとして求められる姿勢は共通なのではないかと思います。JALの事業は非常に幅広いですし、組織規模も大きいです。その分、自分に課せられた仕事が達成できれば大きな価値を生むことができますし、自らのやりがいにつなげることもできます。今後もさらに知識を磨き、経験を積んでJALの未来を描いていきたいです。

現在の部門における印象的な
エピソードがあれば聞かせてください。

社内のデータ分析に関わる社員を集め、「データカレッジ」という部門横断の社内コミュニティの立ち上げをしたことです。データ分析環境の企画・開発にあたり、必要なのは活用される環境で、活用してもらうにはデータ分析をもっと盛り上げる必要があると考えたことがきっかけでした。取り組みのなかでは、お互いのデータ分析業務を共有し、また、勉強会や合宿を通じてデータ活用の在り方の議論などを行いました。私自身は分析業務に携わったことがなく、運営においては不安もありましたが、当初予定していた初期の活動を無事終えることができ、多くの気づきを得ることができました。このなかで、単にシステムと向き合うのではなく、それを使う「人」と向き合うことがIT企画においては重要だと実感することができました。今はメンバーと最新の分析ツールを試したり、社内で新たにデータ分析に挑戦する環境づくりをしたりなど、さまざまな取り組みを行っています。

今後に向けての抱負や目標はありますか。

JALは「人」を強みにしている会社だと思います。IT技術は社会やビジネスを変える多くの可能性を持っていますが、単に技術を取り入れるだけでは、価値を生み出すことはできません。入社以来、一貫してIT分野に携わってきた私としては、これまでの経験を活かし、テクノロジーを駆使して、JALの強みである「人」の力をより高めることで、革新的なビジネス価値の創造につなげていきたいと考えています。

PHILOSOPHY

私が大切にしているJALフィロソフィ

「渦の中心になれ」
組織というものは、大きくなればなるほど、「個の思考放棄」という問題が生じがちです。そうした状態に陥らないためには、意識して「違った視点」「新しい視点」を自ら持ち、周囲に刺激を与え続けることが大事だと考えています。革新的なことを一人で起こすことはできませんが、少しずつでも周りを巻き込めば、変化を波及させていけるはずだと思っています。