GLOBAL

JAL VISION

01 世界のJALに変わります
02 一歩先を行く価値を創ります
03 常に成長し続けます
常に、成長し続けるために。
JALは「世界のJAL」に変わることが不可欠。

01JALを取り巻く環境・背景

訪日外国人
(インバウンド)の増加

日本発着以外の
海外のマーケット拡大

高まるSDGsの
重要性

国内線だけに頼らない
安定的な収益確保の必要性

多様化するお客さまのニーズに
応えるためのネットワーク拡充

02世界のJALを目指す取り組み例

世界主要500都市への
乗り入れ

JALは、2020年度を目途に、世界主要都市への乗り入れ数を500都市へ拡大することを目指し、多言語対応や多様な文化に応じた機内食の開発、快適なスマート空港の実現などさまざまな取り組みを進めています。人とテクノロジーが融合したJAL独自の「お客さま一人一人に寄り添うサービス」を通して、日本のみならず世界中のお客さまに当社を選んでいただけるよう、世界のJALへと進化を続けていきます。

国際線旅客
海外販売額比率50%

今後も高い成長が見込まれる海外発需要を積極的に取り組むべく、海外マーケットでの競争力強化に努めています。日本人旅客だけでなく、外国人旅客のニーズを汲み取った商品・サービスの提供を進めてきた結果、2018年にはSKYTRAX社より世界最高ランクの「5スター」に認定され、外国人旅客の選好性指標も大きく向上。海外でのプロモーションも積極的に展開し、国際線旅客海外販売額比率50%の実現を目指します。

異文化を理解し、
多様化する世界で
活躍するプロフェッショナルの存在

持続的な成長を続けるため、JALグループでは「異文化を理解し、多様化する世界で活躍するプロフェッショナル」の育成を進めています。具体的には、蓄積してきたノウハウと新技術を組み合わせることにより品質と生産性を向上させ、育成した人財を付加価値領域へシフトすることを目指しています。例えば、2019年1月には、「Japan Airlines Innovation Fund」を設立。最先端の技術やビジネスモデルを有する国内外スタートアップ企業との連携・共創をこれまで以上に、能動的かつスピード感をもって推進していきます。

03世界のJALを目指す社員を見る

LONDON
SEATTLE
TIANJIN
BANGKOK
LOS ANGELES
SINGAPORE
SAN DIEGO
GLOBAL CROSSTALK