JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JALグループ社員紹介|JALグループ採用情報|日本航空株式会社

JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

障がいの有無に関係なく
挑戦し続けられるフィールド!

COMPANY

JALサンライト

PROFILE

Reia Suzuki

総務センター 総務グループ
2018年入社
国際コミュニケーション学科

入社した理由について

私は難聴という障がいがあり、安心して働ける環境を軸に就職活動をしていました。JALサンライトの会社説明会へ参加した際、障がいがある先輩社員の皆さんが生き生きと活躍されている様子がとても印象的でした。また、採用選考では、障がいへの温かい配慮を感じ、安心して働ける環境のなか、障がいが仕事の障害とならず、新しいことへも挑戦できる会社だと感じ、入社を決めました。

仕事内容について

現在の部署では、日本航空本社とJALスポンサーラウンジの受付関連業務を担当しています。日本航空本社では入館証の手配や会議室の管理などを行っており、東京・大阪のテーマパーク内にあるJALスポンサーラウンジでは、来訪者数の実績登録業務のほか、テーマパークのサポート要員として対応することも。デスクワークとは違った緊張感があり、多岐にわたる業務を経験できることがモチベーションアップにつながっています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

障がいの有無に関係なく、若手社員を成長させる機会があることが当社の強み。私の場合、入社当初は私服で受付のサポートをしていたのですが、8ヶ月が経った頃に制服の着用を始めました。それによりお客さまから質問を受ける機会が増え、仕事に対する意識も変化。最初は自信がなく戸惑いもありましたが、今は制服を着用して仕事をすることの責任の重さがやりがいになっています。

会社の雰囲気や同僚との関係

JALグループはさまざまなボランティア活動やイベントを開催しており、私も同僚と一緒に参加しています。他のJALグループ社員とも交流ができ、会社全体を知る貴重な経験となっています。あるイベントでは、聴覚障がいのお客さまがJALブースに来場された際に手話でサポートさせていただいたことも。お客さまに大変喜んでいただき、微力ながらJALグループの一員として貢献できたのではないかと嬉しく感じた瞬間でした。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

JALサンライトは、障がいの有無に関係なくJALの翼を支えている会社です。「新たな価値を創造し続ける」という企業理念のもと、社員の意見やアイデアを大事に、日々挑戦し続けることができるフィールドがあります。皆さんと一緒に、JALの翼を支えていけたらとても嬉しいです。

社員インタビュートップへ戻る