JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

温かいおもてなしで
快適な出発をサポート。

COMPANY

JALスカイ

PROFILE

Yurina Noda

羽田事務所空港オペレーション部 国内パッセンジャーサービス
2014年入社
文学部 外国語文化学科

入社した理由について

OG訪問をした際、社員の方から「一歩前へ+αの気持ちで自主的に行動している」という言葉を聞いたことが志望のきっかけに。空港のグランドスタッフの方に機内誌をお願いした際も温かい対応を受け、会社全体で取り組んでいる「一歩前へ+αの気持ち」の姿勢に感動と一層の魅力を感じました。私もこの会社なら喜びと誇りを持って働けると確信し、JALスカイの一員として社会に貢献すべく入社しました。

仕事内容について

グランドスタッフは、主に3つの業務を担っています。搭乗のお手続きを行う〈カウンター業務〉、出発到着のハンドリングや忘れ物のお問い合わせ対応を行う〈トラフィック業務〉、専用ラウンジでお出迎えを行う〈ラウンジ業務〉。いずれもお客さまとJALとの最初のタッチポイントであるため、温かいおもてなしで一人一人のお客さまに気持ちよく出発していただくことが私たちの役割だと思っています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

搭乗手続きを行っていたときのことです。お客さまから機内備品のご要望があり、搭乗時間が迫っていたので客室乗務員に引き継ぎました。その後さらなるご要望がありましたが、搭載担当者の素早い行動ですぐにお応えすることができたのです。最後まで対応に徹した結果、お客さまにご満足いただけたことにやりがいを感じました。また、部署を越えて協力し合うことで「全員で飛行機を飛ばす」というJALグループ全体の意識を実感したエピソードでした。

会社の雰囲気や同僚との関係

各事業所内が20名程のユニットに細分されており、業務でわからないことがあってもユニット全体でフォローしてくれるので安心して働くことができる環境だと思います。職場が空港に近いため、休日は同僚と旅行へ行くこともしばしば。信頼し合える仲間たちと普段からコミュニケーションがとれているので、イレギュラーのときも全員で協力し合って乗り越えることができています。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

2020年から新システム導入が始まり、空港の環境が変わっていきます。機械化されていくなかでもこれまで以上にお客さまとの接点を大切に、JALらしい温かいおもてなしを空港でご提供していきたいと考えています。生まれ変わる空港で、皆さんと共にJALスカイを盛り上げていける日を楽しみにしております。

社員インタビュートップへ戻る