JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

豪雪で鍛えた団結力が光る
空港のプロフェッショナル。

COMPANY

JALスカイ札幌

PROFILE

Karen Chimoto

新千歳空港国内旅客グループ
2018年入社
人文学部 英米文化学科

入社した理由について

学生時代のアルバイトを通じて接客の楽しさを知り、就職活動はお客さまと直接関わることができる業界を中心に行っていました。最終的に当社を選んだ最大の理由は、丁寧な接客を学べるだけではなく、女性として輝ける職場だと感じたこと。実際に現場で働く社員との座談会で、仕事はもちろんプライベートも充実していると聞いたことも決め手になりました。

仕事内容について

旅客サービス業務を行う部署に所属しており、主にカウンター業務とゲート業務を担当しています。搭乗手続きを行うカウンターでは質問を受ける機会も多く、お客さまとの会話も楽しみのひとつ。一方、搭乗案内を行うゲートでは、旅客数の不一致を防ぐために特に気を張って臨んでいます。現在の業務でしっかりと経験を積み、将来的にはよりきめ細やかなサービスを学ぶべく、ラウンジ業務にも挑戦したいです。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

お客さまから感謝の言葉をいただいたときに、喜びとやりがいを感じます。以前、悪天候で欠航になってしまった便のお客さまの中に、翌日に行われるご友人の結婚式に向かう予定だった方がおられました。その便が最終だったため他の交通手段を必死に探したところ、地上交通で間に合うルートが見つかったのです。結果的に飛行機を提供することはできませんでしたが、お客さまの笑顔を見ることができて心から嬉しかったことを覚えています。

会社の雰囲気や同僚との関係

私たちの仕事は、決して一人ではできません。さまざまな部署が連携して飛行機の運航を行っており、部署間のチームワークを感じることができる職場だと思います。特に新千歳空港は雪の影響を大きく受けるため、イレギュラーの際は皆で同じ目標に向かっていくことができる団結力が強みに。そうやってともに励まし合ってきた同期は、仕事だけでなくプライベートでもとても大きな存在になっています。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

JALスカイ札幌は、新千歳空港、函館空港、丘珠空港が主な職場になります。冬季は雪も多く大変なこともありますが、その分団結力は他空港に負けません。みなさんも、私たちと一緒に働きませんか? 就職活動を続けていると、苦しい時期もあると思います。時に息抜きを取り入れながら、自分に正直に頑張ってください!

社員インタビュートップへ戻る