JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

JALの“窓口”として
お客さまの旅の道程をお手伝いする。

COMPANY

JALナビア

PROFILE

Kanako Yano

大阪センター国際部予約室
2018年入社
教育学部 教養学科

入社した理由について

就職活動は「人に感動を与えられ、自分自身が成長できる仕事」を軸にしており、英語が好きだったこともあって語学力が活かせる航空関係に興味を持つように。コンタクトセンターの仕事は幅広い知識が必要ですが、成長を目指す私にとって、新しい知識を身につけながら人の役に立てる環境はとても魅力的でした。また、“世界最高のコンタクトセンターへ”というグローバルな目標にも深く共感したことから、入社を決意しました。

仕事内容について

コンタクトセンターの業務は幅広く、予約・発券だけではなく運航状況や手荷物の問い合わせなど、お客さまの旅行をサポートするさまざまな対応を行っています。また、お客さまと最初に接する窓口の役割を担っており、JALのイメージをつくる立ち位置にあります。AIやテクノロジーを活用しつつ、人にしかできないきめ細やかなサービスやおもてなしを提供することもコンタクトセンターの大きな役割だと考えています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

お客さまの生の声が聞けるこの仕事では、「ありがとう」の言葉をいただくことが一番のやりがいです。入社間もない頃、帰国便変更のお問い合わせをいただいたことがありました。ご希望に合うものを提案する中、お客さまの様子から費用が優先事項であると気づき経由便を提案したところ、大変喜んでいただくことができました。自分が何をすべきかを諦めずに考え抜くことで、お客さま視点を貫くJALのイメージをつくり上げていくことができると学んだ経験でした。

会社の雰囲気や同僚との関係

小さな疑問も曖昧なままお客さまにご案内してはいけない仕事だからこそ、何かあればすぐに相談できる雰囲気があると感じます。普段から社内でしっかりコミュニケーションがとれているため、対応に苦慮しているときは周りの方々が気づいて声をかけてくれます。そんな温かい環境にいつも助けられています。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

コンタクトセンターの仕事は、お客さまの特別な体験をつくるお手伝いをしながら幅広い知識を学ぶことができる点が魅力です。専門知識以外にも多くの情報が必要となるため、日々成長を実感できると思います。私たちと世界最高のコンタクトセンターを目指し、世界で一番お客さまに選ばれ、愛されるJALをつくっていきましょう!

社員インタビュートップへ戻る