JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

世界各国のニーズに応える
マイレージサービスを追及。

COMPANY

JALマイレージバンク

PROFILE

Sakura Nakata

マイレージコンタクトセンター企画部 JMBサポートグループ
2017年入社
経営学部 経営管理学科

入社した理由について

大学卒業後に渡米して経営管理学を学んだ際、JALの支店でインターンシップを経験する機会に恵まれました。そのなかで、JALスタッフの一人一人が高い志を持ち「より多くの海外のお客さまにJALを選んでもらうためにどうしたらよいか」と考えながら働いている姿に魅力を感じたことが志望のきっかけです。また、国際交流の経験を活かしてマイレージサービスの海外展開に貢献したいと考え、日本帰国後に入社を決めました。

仕事内容について

マイレージプログラムに関するご要望やお問い合わせに対し、JALグループのあらゆる部門をサポートすることが主な役割です。JALマイレージバンク事務局や国内線・国際線予約のコールセンター、空港など世界各地から問い合わせが寄せられ、多岐にわたる知識が求められます。また、マイレージに関する知識を活かし、新サービスの運用面での調整やアウトプット方法の検討や提案など、さまざまな部署と関わりながら業務を行っています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

現在オペレーターの教育プログラムの刷新を担当しており、アバターを利用した動画を導入し一人一人の能力に合わせた研修プログラムの再構築を行っています。アバターの動画研修は当社初の試みのため手探りですが、自分の意見が形になっていくのを見ると非常にやりがいを感じます。また、当社は創立10年余りの若い会社のため、若手社員もさまざまな仕事を任せてもらえます。これは、他の企業にはない強みだと思います。

会社の雰囲気や同僚との関係

社内の雰囲気は、非常にアットホーム。日頃から上司や先輩が発言しやすい環境づくりをしているため、若手でものびのびと仕事ができる職場だと思います。旅行好きな社員が多く、福利厚生のひとつである「JALスタッフトラベル制度」を利用して旅行を楽しめる点も当社の魅力。オフィスのなかでは旅行話もよく交わされ、和やかな空気のなかで勤務をしています。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

コンタクトセンターの仕事は、お客さまの特別な体験をつくるお手伝いをしながら幅広い知識を学ぶことができる点が魅力です。専門知識以外にも多くの情報が必要となるため、日々成長を実感すると思います。私たちと世界最高のコンタクトセンターを目指し、世界で一番お客さまに選ばれ、愛されるJALをつくっていきましょう!

社員インタビュートップへ戻る