JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

時代のニーズに応える
新たなサービスの形を模索。

COMPANY

ZIPAIR Tokyo

PROFILE

Yusuke Masuda

Passenger Operation Team
2019年入社
社会福祉学部 社会福祉学科

入社した理由について

私の祖母は車椅子生活をしており、迷惑をかけたくないという理由で飛行機の利用をためらっていました。大学では福祉を専攻しましたが、就職活動中に高齢の方が車椅子で飛行機を利用する姿を見て、機内でも福祉の知識を活かせるのではないかと思うように。LCCで気軽な旅が可能になった現代も、祖母のように抵抗を感じる方は少なくありません。その不安を解消し、誰もが不自由なく旅ができるエアラインがないかと考え入社したのがZIPAIRでした。

仕事内容について

新規航空会社として初就航に向けた最後の試験に臨みますが、その際のさまざまな課題を乗り越えていくことが全社員の今の役割。私自身は、そのなかで、お客さまの命をお預かりする保安要員として安全保持のための判断や対応、また機内で快適に過ごしていただくサービス要員としての役割を訓練で学んでいます。日本における男性客室乗務員の活躍の場を少しでも広げるためにも、日々研鑽し活動していきたいと考えています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

創設して日が浅くまだ多くのことが整っていない分、一から仲間とアイデアを出し合って構築していける点に面白みを感じます。例えば、離陸前のライブデモンストレーションもどのように行えばお客さまに理解していただきやすいかを話し合ったうえで形にしています。そして、まだ事例はありませんが、部署を越えさまざまな分野で活躍できる環境である点もZIPAIRの強み。仕事のやりがいが無限に広がり、マルチな人財に成長していけると確信しています。

会社の雰囲気や同僚との関係

ZIPAIR Tokyoは新しい会社です。まだ小さい組織だからこそ自身の意見をフランクに言いやすく、とても風通しの良い環境だと感じます。年齢層や経験値がそれぞれ異なる同僚たちは、補い助け合う仲間であるのと同時に良き競争相手。ひとつの目標を達成するために、日々高め合っていける存在です。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

グループ会社の中では一番新しい会社ですが、一人一人が高い目標を持ち、常にインフィニティーブランク(無限の空白=お客さまの真のニーズに応えるサービスを無限に追求し続けること)を探求しチャレンジを続けています。皆さんにとってのインフィニティーブランクを我々の会社で形にし、共に大空へ疾風を吹かせませんか。

社員インタビュートップへ戻る