JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

“在庫のきかない商品”を
販売する面白さがやりがいに。

COMPANY

ジャルセールス

PROFILE

Tomoro Tsukada

国内販売部 広域関東エリア販売第2グループ
2016年卒
文学部 史学地理学科

入社した理由について

営業を軸に就職活動を行うなか、「お客さまが喜ぶ一番高い価格で座席を販売するのが我々の仕事」というジャルセールス藤田社長(現JAL副会長)の言葉を知り、航空業界の営業に興味を持つように。その後、OB・OG訪問で会った社員一人一人がこの言葉どおりに仕事に取り組み、営業にやりがいを感じている姿を見て、自分も同じ志で働きたいと思いジャルセールスを選びました。

仕事内容について

関東・首都圏の旅行会社・自治体への営業が主な業務です。日本航空利用の旅行商品をお客さまにおすすめしていただけるよう、旅行会社の方に向けて説明会の実施やキャンペーンの提案を行って販売訴求を図ります。また、県と協力して地域活性化を目的としたイベントや情報交換を行うことも。各土地の特性を理解し、地域活性化と日本航空のプレゼンス向上を高めることができる提案を行っています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

飛行機の座席は、在庫がききません。満席だからといって次の日の座席を販売する訳にはいかないし、平日も休日も同じ数の席を販売する必要があります。これをいかに効率良く販売するために試行錯誤するところに、この仕事の面白みがあると思います。一人一人が採算意識を持ち、自分の成績だけではなく会社の目標成績を達成するために自分に何ができるのかを常に考えていく。それを体現している点が、ジャルセールス社員の強みだと感じています。

会社の雰囲気や同僚との関係

JALグループには”全員経営”という言葉があります。その言葉どおり、ジャルセールスは全員で課題に向き合っていこうとする姿勢が根付いています。就職活動時に会った当社の社員が「何十年もこの会社に通っているが、行きたくないと思ったことは一度もない」というのを聞いて驚きましたが、今は私自身も充実した気持ちで日々会社に通っています。それは、職場全体に共通する“助け合いの精神”によるところが大きいのではないでしょうか。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

私は入社して4年が経ちましたが、この会社を選んだことを後悔したことは一度もありません。みなさんもぜひ企業研究やOB・OG訪問をたくさん行って、自分にもっとも合った企業を見つけてください。それがJALグループ・ジャルセールスでしたら幸いです。皆さんがジャルセールスの門をたたいてくださることを、心からお待ちしております。

社員インタビュートップへ戻る