JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

関西空港から、海外へ。
航空物流で世界を繋ぐ。

COMPANY

日航関西エアカーゴ・システム

PROFILE

Daichi Yamamoto

輸出第一グループ
2018年入社
外国語学部 スペイン語学科

入社した理由について

大学で各国の文化や語学を学んだことから、将来は日本と世界の懸け橋になりたいと考えていました。また、留学した際に家族が航空便で送ってくれた荷物をわずか数日で受け取れたことに感銘を受け、「物は人を繋ぐ」ことを実感。航空貨物を通じて世界と日本を繋いでいきたいという気持ちから、西日本の玄関口である関西空港で扱う航空貨物の6割以上のシェアを誇る当社を選びました。

仕事内容について

当社は関西国際空港にある主に航空貨物の輸出入業務を行う会社です。私は輸出部に所属し、主に西日本各地から出荷された航空貨物を世界各地へと輸出しています。医薬品や生鮮食品のほか、車や精密機械、ときには競走馬を扱うこともあり、輸出航空貨物は多岐にわたります。お客さまからお預かりした貨物を世界各地に迅速かつ安全に届けることができるよう、安定した輸出サービス品質を心がけています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

世界の物流を担う航空貨物の環境は、日々変化しています。迅速かつ柔軟に対応できる力が求められますが、それこそがこの業務の醍醐味だと思っています。また、貨物部門は運航する飛行機のバランスや重量制限に大きく関わる重要な部署。航空機の定時制・安全性に直結している責任と自覚を持ち、自身の責務を全うすることに大きなやりがいを感じています。

会社の雰囲気や同僚との関係

年齢、性別問わず風通しが良く、働きやすい会社です。一年目、二年目の若手にも積極的にチャンスを与え、会社全体でサポートしてくれます。また、職場である関西空港は24時間運用されているため、シフト勤務が中心に。社員同士で集まる機会は少ないものの、フットサル大会やBBQなどを開催して親睦を深めています。また、シフト勤務のメリットを活かして同期で国内外の旅行に行くこともあります。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

航空機の運航は1人では成り立たず、周りの連携とサポートがあって初めて成り立ちます。私はこの仕事を通じ、人と人が支え合い、助け合う大切さを学びました。運航に携わるそれぞれの意思が引き継がれ、チーム一丸となって一便のフライトを実現させる。そのチームの一員となることができるこの仕事は、とても魅力的だと感じています。ぜひ、私たちと一緒に世界の空に羽ばたきましょう。

社員インタビュートップへ戻る