JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

島々を運航で結び
離島地域の発展に貢献。

COMPANY

琉球エアーコミューター

PROFILE

Ayami Matsuo

乗員部 乗員業務グループ
2018年入社
経営学部 マーケティング学科

入社した理由について

東京の米軍基地近くで育った私にとって、飛行機は常に身近な存在でした。その影響もあって航空業界を中心に就職活動を行っていましたが、琉球エアーコミューターの採用試験を受けた際にこちらの話をしっかり聞いてくれる会社という印象を持ちました。いずれはオペレーションに携わる仕事がしたいという思いもあり、ここなら自分のやりたいことに挑戦できると感じて入社を決めました。

仕事内容について

乗員部には運航乗務員(パイロット)、客室乗務員(CA)、地上スタッフが所属しており、私は地上スタッフとして運航のためのさまざまなサポートを担当。機材トラブルや天候によるイレギュラー時の対応や乗務員のスケジュール作成、運航乗務員の制服管理などの業務を行っています。まだ理解しきれていないこともたくさんありますが、勉強を重ねてできることを増やしていきたいと思っています。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

同じ日は二度となく、毎日違うことが起こるのがこの仕事の醍醐味。沖縄は多くの台風が襲来しますが、状況によっても対応が変わるので毎回新たな学びを得られます。次第にスムーズに対応できるようになるなど、経験を通じて成長を感じられることもやりがいにつながります。また、当社が就航する離島は沖縄本島と方言や文化が異なり、仕事を通じて知らないことに触れられる点にも面白さを感じています。

会社の雰囲気や同僚との関係

大きな規模の会社ではないため、社員同士の距離が近くアットホームな雰囲気です。県内出身者が多いこともあり、県外から来ている私を何かと気遣ってくれる点もありがたいです。人数が少ない分一人一人と接する機会が多く、忙しいときや困ったときには周りがサポートしてくれるので仕事がしやすい環境だと思います。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

琉球エアーコミューターは、入社一年目からさまざまな仕事に挑戦する機会が得られる場所です。単独路線が多く、就航地とのつながりが強い当社ならではの取り組みもあります。大変なことも多いですが、その分成長できる点が当社の強み。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

社員インタビュートップへ戻る