JAL | JAPAN AIRLINESJALグループ採用情報

JAL GROUP INTERVIEW

特殊車両の整備を通じて
航空機の日々の運航を支える。

COMPANY

JALエアテック

PROFILE

Koichiro Hayashi

施設GSE事業部 羽田事業所 羽田車両整備第二グループ
2017年入社
エンジンメンテナンス科卒

入社した理由について

幼い頃から車や航空機が大好きだったこともあり、漠然とそれらに関わる仕事に憧れを抱いていました。中学生の頃、友達と成田空港の展望デッキから空港を眺めているときに、この車や航空機は誰が整備しているのだろう? と素朴な疑問を抱き、インターネットで調べてたどり着いたのが特殊車両の整備をしているJALエアテックでした。その後、航空系整備会社への就職実績のある専門学校にて特殊車両を整備するという目標を持ちながら勉強に励み、国家資格の二級自動車整備士を取得。就職活動ではメーカーの整備工場など他の会社も見学に行きましたが、他社にはない空港内で働けるという特別感 に惹かれてJALエアテックに入社を決めました。

仕事内容について

空港で使用するさまざまな地上支援車両(以下、GSE)整備から公道を走行する自動車の車検整備まで幅広い業務を行っています。GSEとは、航空機に貨物や機内食、燃料などを搭載する車、お客さまを飛行機までご案内するバスやステップ車、飛行機をスポットから後退・牽引する車など、その種類は多岐にわたり、その全てが航空機の運航に不可欠なものです。私が所属する羽田車両整備第二グループでは、航空機牽引車(トーイングカー)、エアスターター、グランドパワーユニット、パッセンジャーステップ、リムジンバス、サービサーなど、大型車両の整備を主に行っています。日頃の定期点検や故障時の対応にとどまらず、工場のクレーンを駆使したエンジンやトランスミッションの載せ換えや全国の空港に出張して支援整備をすることもあります。

仕事のやりがい、面白いと感じる部分

自分たちが整備しているGSEが空港で活躍し、航空機の日々の運航を支えるという特別な仕事に携われることを誇りに思っています。また、工場への納車や引き取りの際、トーイングカーをはじめ、さまざまな特殊車両を自らの手で運転できることもこの仕事だからこそ得られる経験。初めて運転したときには感動と緊張で手汗が止まりませんでした(笑)。グリスやオイルにまみれて汚れてしまいますが、一日の仕事が終わった後のお風呂は最高に気持ちが良いです。仕事上で必要な資格も取得をさせてもらうことができるので、年次を重ねるごとに仕事の幅が広がっていくことにもやりがいを感じます。

会社の雰囲気や同僚との関係

「運転時は少しの違和感や異変にも気づけるようになりなさい」「異音から不備箇所に気づくこともできるようになりなさい」など、先輩方は時に優しく、時に厳しく細かい部分まで指導してくれる恵まれた環境だと思います。また、部活動もあり、仕事とプライベートにしっかりメリハリがつけられるところも魅力の一つです。私はフットサル部に所属しており、仕事終わりにみんなで体を動かす時間は今やリフレッシュに欠かせません。いつも真剣になりすぎて翌日はひどい筋肉痛になってしまいますが…(笑)。

MESSAGE

学生の皆さんへのメッセージ

特殊車両を扱うJALエアテックの仕事は想像しにくいかと思いますが、少しでも興味が湧いた方はぜひ一度職場見学にお越しください。そして、見学が終わったらそのままターミナルの展望デッキに行き、活躍するGSEを見ていただきたいです。きっと、これまでとは違う景色が見えるはずです。航空機の運航を支えるやりがいのある仕事をみなさんと一緒にできることを楽しみにしています。

社員インタビュートップへ戻る